« 影の向こう | トップページ | レンズを通して見た答え »

片隅で息づくものたち

たとえば、使い古されたものは片隅に押しやられる運命にあるが、確実に人の手によって磨かれているものだ。
疵が折り重なり、皺が刻まれる。
磨かれることは、身を削ることでもある。
だから、美しい。   Dsc_0007Dsc_0031Dsc_0032

|

« 影の向こう | トップページ | レンズを通して見た答え »

ちょっとショット」カテゴリの記事

コメント

いいですね~。
知人のお家も、古い民家をそのまま使っていて、何とも言えない風情あるお家です。
木のぬくもりや、風の香りがあって、いいものですね。くもの巣や、落ち葉が落ちていても、それが、そのままにマッチしているんです。

投稿: みろく | 2008年5月31日 (土) 13時35分

覚えてますか? 僕らが8ミリ映画を作っていたころ。
あのころから「山・川・地蔵」って言ってね…素人カメラマンでも、この三つを題材にすると、それなりに画面が決まり、さまになってしまう。つまり、素材が技術を支えるということだそうです。
人は、時の流れに意味を見つけるのが、うまいのかもしれませんね

投稿: りゅうはく堂店主 | 2008年6月 1日 (日) 10時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 片隅で息づくものたち:

« 影の向こう | トップページ | レンズを通して見た答え »